北海道ツーリング HONDA XL250 PARIS~DAKAR

                          1983年8月4日~15日

1983年8月、後輩の森川君と2人で北海道一周ツーリングを行ないました。私が社会人5年目の夏のことです(なんと約30年前!)。バイクは、オフロードバイクのホンダXL250パリ・ダカール。森川君は、同じホンダのロードバイク、VT250でした。8/4~8/15の12日間、片道は陸路で、総走行距離は3500km。本州では、秋田の竿灯祭り、十和田湖、青森のねぶた祭り、そして当時、国鉄の運営している青函連絡船に乗って、北海道へ上陸しました。函館~大沼公園~札幌~旭川~稚内~網走~根室~知床半島~開陽台~足寄~襟裳岬~札幌~小樽~日本海フェリー~東舞鶴港というコースでした。あとにも先にも、これほど長期間のツーリングはありませんでした。そして思い出もたくさん残りました。ここでは、まだデジカメなどが無い時代、アナログ写真をバイクを止めた際にちょこっとずつ撮ったものをデジタル化したものです。今の私なら、デジカメを駆使してこの数倍の枚数は撮影していたと思いますが、少ないなりに、一枚一枚、ピンボケ写真であっても貴重な思い出です。

 

 

注)以下の写真は1点ずつです(スライドショーではありません)。

十和田湖にて森川君と

たぶん・・・八甲田山

どこだったか不明

ねぶたまつり

 

 

注・↓ここから北海道ですが、順不同、バラバラです。

 

 

 

 

間宮林蔵の像の前で

昭和新山にて

大沼公園にて

日本最北端の地にて

宗谷岬では千葉紘子さんの「宗谷岬」という曲がエンドレスで流れていました。メロディが耳にこびりついて離れず、ツーリング終わってからレコード店でシングル版を購入しました。今年(2011)の冬に、宗谷岬を訪れた学生さんの情報によると、エンドレスではなく、ボタンを押すと曲が流れるようになっていたそうです。

稚内の夜景

ちょっと停車して

ノシャップ岬にて

海の色が印象的でした。

サロベツ・バイク2台

森川君と

展望台にて

網走刑務所にて

ロングアンドワインディングロード

知床の岬♪

北方領土のモニュメントの前で

360度地平線が見える「開陽台」ライダーのメッカ

「幸福駅」行きの切符を買った「愛国駅」にて

霧のなかった摩周湖

松山千春の生家、すごい観光地でした!

ちょっと休憩

札幌ススキノには「トルコ」の看板、そんな時代

小樽港から北海道に別れを告げる

帰りのフェリーで「のど自慢大会」出場

歌には自信ありましたが、ここはフェリーということを忘れておりました。大型ダンプとかのドライバーの方々、演歌とかバリバリうまい人ばかりでした。結局、優勝はかないませんでしたが、敢闘賞くらいの成績だったと思います。

 

 

 

全走行距離:3500キロメートル

 

 

 

 

お わ り

 

 

 

 

 

ここからは、全画像のスライドショーとなります。

YouTube
「汽笛は泣いて」

矢野絢子

Starting of travel

▼駅のページ 旅の始まり

JR嵯峨野線の駅 他
JR嵯峨野線の駅 他
亀岡駅
亀岡駅
京都駅
京都駅

京都駅

Kyoto
Station

東京駅
東京駅

太田へのメッセージ

<PR・私の友人の店

American Retro Plate

ホーム へ戻る