TRADROCKシリーズ

ジャケットもこだわりを感じます。ギター好きの人はこれらのデザインが何を意味しているのかピンとくるはず。
ジャケットもこだわりを感じます。ギター好きの人はこれらのデザインが何を意味しているのかピンとくるはず。

ギタリストのChar(竹中尚人)のTRADROCKシリーズのCDとDVDのセット、なんと6枚いっぺんに買ってしまいました。先週の朝日新聞の特集で、Charが取り上げられていて、最近、6人(うち2組含む)のアーティストのカバーアルバムを作ったというのです。

 

内容は、世界3大ギタリスト(エリック・クラプトン、ジミー・ペイジ、ジェフ・ペッ久)に加え、ビートルズ、ベンチゃーズ、ジミ・ヘンドリックスの3組、合計6枚(DVD含め12枚)のカバーです。Charが選曲し、ある曲は元曲に忠実に、ある曲はCharのアレンジを施し、それでもすべての楽曲にはCharのギタリストとしてのテクニック、センスにあふれたものです。

 

新聞で見て、ネットで検索、まずアマゾンで・・・・・、しかしヒットしない、結局、これらのアルバムは一般のショップでは販売していないことが分かりました。ZICCAというCharの会社または予約制のタワーレコードでのみの取り扱いなのです。それでZICCAに会員登録し、注文したというわけです。アマゾン社に比べ、こちらのほうは到着に5日間ほどかかりました。またネット上には、メール便で配送、と書いてあったのに、実際は「枚数が多かったので宅配便にしました」という手紙が入っていたりと、なかなか大企業にないような対応に、かえって親しみを感じました。

 

さっそくSONYウォークマン<Xシリーズ=自慢の愛器です>に全アルバムをコピーし、毎朝夕、通勤途上で聴いております。DVDではスタジオで3ピース編成の映像が収められています。詳しく聴き比べていませんが、CDのほうもその音源なのだろうと思います。なのでデジタル録音ではなく、生演奏の一発録り、ということだと思います。Charらしい、緊張感と余裕が適度に感じられる仕上がりでした。

 

テクニックは申し分ないし、なにしろ、僕とCharは生まれ年も同じ、誕生日も近く、とても親近感のわくミュージシャンです(昔はそうは思ってなくて、中学生でプロギタリスト、いやな感じ、と)。

 

なかなかの良い買い物でした。

 

YouTube
「汽笛は泣いて」

矢野絢子

Starting of travel

▼駅のページ 旅の始まり

JR嵯峨野線の駅 他
JR嵯峨野線の駅 他
亀岡駅
亀岡駅
京都駅
京都駅

京都駅

Kyoto
Station

東京駅
東京駅

太田へのメッセージ

<PR・私の友人の店

American Retro Plate

ホーム へ戻る