古田光郷君のライブ

2011.10.16.磔磔
2011.10.16.磔磔

現在「なまず兄弟」というバンドのリーダーとして、東京を拠点として音楽活動をしている古田光郷君のライブに、大阪の友人を誘って行ってきました。「君」を付けているのは、一応、高校の2年後輩、ということからです。ライブの場所は、京都の老舗ライブハウスの磔磔(たくたく)でした。ここは彼がBOUNDというバンドの時代から、よく出ているライブハウスで、昨夜もリラックスした雰囲気で、熱いステージを見せてくれました。ライブが終わってから、少し話しをしました。中学校時代での柔道部の話(学校は違いましたが市の大会などで対戦したんでしょう、あんまり覚えてないですが)、その後の音楽活動の話(春一番、ハチハチロックデイ、懐かしい話題てんこ盛り)、今の若いメンバーとずっと走り続けるんだ(最近メンバーチェンジがあって気持ち新たに頑張ってます)、という話などなど・・・・短い時間ではありましたが、さわやかなひとときでした。

 

コメントをお書きください

コメント: 7
  • #1

    もりもり (水曜日, 19 10月 2011 11:21)

    おひさしぶりです
    BOUND・・という名前にちょっと引っかかりました
    バウンドって読むんでしょうか?
    違っていたらごめんなさい・・音楽にうといものですから・・

    実は、私の幼馴染で、小中学校と親友だった、高木親(中学以来会っていませんが)という奴がいて

    昔に「バウンド」というグループでプロになったと風の便りに
    聞いた記憶があります


    BOUNDと同じグループだったかは知りませんが

    すみません、ちょっときになったものですから

  • #2

    太田貴久男 (水曜日, 19 10月 2011 12:41)

    もりもりさん

    それは奇遇ですね。高木親さんは、確かに「バウンド」のメンバーでしたよ。サックスを吹いていた方です。はじめは京都中心で活動していたんですが、プロになるということで、メンバーチェンジを少しして、フルタ君らとともに東京へ行き、アルバムを2枚出してますよ。当時、CMの曲に採用されたりして、知る人は知っていたノリの良いバンドでした。
    その後、高木さんはサポートミュージシャンとして活躍されているのではないでしょうか。

  • #3

    もりもり (水曜日, 19 10月 2011 13:02)

    やはり、そうでしたか・・

    昔、彼の母親から突然電話が掛かってきて
    プロデビューするから是非レコードを聞いてやってほしい
    応援してやってほしい・・という内容でした

    でも、お互い違う高校へ行って、まったく交友が無く、自分もさほど音楽には興味がなくなっていたから・・本気で聞いていなかった

    ただ、なぜか「バウンド」という名前だけは記憶に残っていましたね

    今も活躍されているのであれば、夢がかなってよかったです

    中学生の頃は、よく彼とハードロックのレコードを聴いていたなあ

    ディープパープルやレッドツェッペリン
    彼は当時、クリーム時代のクラプトンやレイラを歌っていたクラプトンが好きだったような・・
    でも、その頃は聞くだけで演奏なんて夢にも思わなかったなあ

    しかも、彼音楽の時間とか音痴だったし・・

    懐かしい思い出です

  • #4

    もりもり (水曜日, 19 10月 2011 13:34)

    彼らの曲・・フロムAとポカリのCMに使われていたんですね
    ネットの中を探し回って、今2曲聴き終わりました
    乗りのいい曲、ファンキーな曲でした
    二十数年の時を超えて、彼の母親との約束を今ほんの
    少しだけ果たせたような気がします・・

    太田さん、本当にありがとうございました
    太田さんの日記を見なければ「バウンド」「高木」「彼の母親」
    記憶の奥深くに仕舞い込んでたものが蘇りました

  • #5

    もりもり (水曜日, 19 10月 2011 14:12)

    なんどもすみません・・
    この出来事・・私のブログにも書かせていただきました
    ありがとうございました

  • #6

    太田貴久男 (水曜日, 19 10月 2011 15:14)

    もりもりさん
    ありがとうございます。
    ブログ読ませてもらいました。
    ちょっと泣けますね。

  • #7

    もりもり (木曜日, 20 10月 2011 11:22)

    高木君のことを教えていただきありがとうございます

    そうですか、今は平凡に暮されているんですね

    たとえ一時であれ、夢に向かって突っ走り、夢が叶うって素晴らしいことだと思います
    今まで平凡に暮していた私から見ればうらやましい限りです

    私たちのできなかった・・いや、やろうとしなかったことをチャレンジし、夢を掴んだ彼は、私にとってヒーローだったのかもしれません

    昨日の夜、女房と息子に動画を見せ、何故か自慢してました
    自慢する理由は全くないのにね

YouTube
「汽笛は泣いて」

矢野絢子

Starting of travel

▼駅のページ 旅の始まり

JR嵯峨野線の駅 他
JR嵯峨野線の駅 他
亀岡駅
亀岡駅
京都駅
京都駅

京都駅

Kyoto
Station

東京駅
東京駅

太田へのメッセージ

<PR・私の友人の店

American Retro Plate

ホーム へ戻る