旅番組の面白さ

けっこう面白いローカルバスの旅番組
けっこう面白いローカルバスの旅番組

 みうらじゅん氏が週刊誌のコラムに「今、心置きなく見れるテレビは動物モノか、旅番組ってことになってしまった」と書いていました。この文脈の背景として、近頃、安易なバラエティ番組が増えたこと、歌番組も若年層向けの選曲が多くなって、知らない曲ばかりであること、そもそも最近のテレビ番組に、面白いものが無くなったこと、などがあるんでしょうが、やはり歳をとり、それ(歳)相応の内容に共感し興味がわく、ということもあるかもしれません。

 私も、みうら氏(私と同年代)と同様(ただし動物モノにはあまり興味はありませんが)テレビは、ニュース番組か、旅番組が一番落ち着きます。

 旅番組の基本は、少し旬を過ぎたアイドル、あるいは渋めの中年俳優(こちらもかつての主役級のポジションから今では、そつなく脇役をこなすくらいの男優さんや女優さん)などが、レポーターなどと共に全国の絶景の地を目指して旅に出、美味しい料理に舌鼓を打ち、気持ちよさそうな風呂(温泉)につかる、また地元の人達とふれあう、という内容がメインになっています。人の楽しんでいる番組を見ていて、どこが面白いのか?、と思う人もいるでしょう。私も、若いころは、そんな見方をしていたように思いますし、今の若い方も、そうかもしれません。

 けれども、他人が美味しそうに食べている映像を見ているだけ、ただそれだけでは、やはり私でも面白くありません。これらの番組の、レポーターや案内する俳優の歩く風景(食事風景も含む)がセットになっているから面白いのだと思います。そして時には、その場所についての薀蓄(うんちく)が語られます。リポーターからであったり、宿の女将さんからであったり、地元の漁師さんであったりしますが、それらの情報が面白いのです。そこにはそんなエピソードがあったのか、歴史があるのか、民俗があるのか、地形があるのか、文化財があるのか、・・・・と、テレビの向こうで話してくれます。

 私らの年代になったら、もう受験勉強をすることもないし、何かの明確な目的(例えば資格取得)の為に勉強することも、まぁ、無いでしょう。しかし、勉強をすることはなくても、控えめな表現ですが、探究心、くらいは、少しくらいあるものです。これらの旅番組は、自分の探究心に火を点けてくれます。

 近頃は便利なものです。旅番組を見ながら、ノートパソコンを出して、あっ、今テレビで言った言葉・地名・名前・・・・記憶にあるうちに、パパンと検索すれば、納得することが出来ます。トイレに行っていて聞き逃した話も、番組のホームページなどで大まか紹介しています。そして、一つの疑問解決から、新しい知識が得られます(ちょっと大袈裟ですけれども)。それらを義務的にやるのではなく、自分の嗜好のまま、好きだという感情のままに調べているから(しかも気の向いた時のみにしてみるので)いやにならないのだと思います。

 みうらじゅん氏のコラムから、お堅い話になってしまいましたが、氏のコラムは、旅番組のレポーターに対するエッチな妄想、みたいな内容だったことは補足しておきます。

 
 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    もりもり (日曜日, 29 9月 2013 13:53)

    高木君たち再結成ですか
    凄いですね
    なんか、うらやましい
    12月7日・・年休取れるかなあ・・

  • #2

    sex telefon 24h (金曜日, 03 11月 2017 18:15)

    blotka

YouTube
「汽笛は泣いて」

矢野絢子

Starting of travel

▼駅のページ 旅の始まり

JR嵯峨野線の駅 他
JR嵯峨野線の駅 他
亀岡駅
亀岡駅
京都駅
京都駅

京都駅

Kyoto
Station

東京駅
東京駅

太田へのメッセージ

<PR・私の友人の店

American Retro Plate

ホーム へ戻る