亥の子行事

亥の子の牡丹餅よんでんか~♪
亥の子の牡丹餅よんでんか~♪

 私は、今から35年前、大学4回生のときに、亀岡市畑野町をフィールドとして「亥の子行事について」と題した卒業論文を書きました(別ページ参照)。ちょうど、この時期、卒論提出の12月20日まで残り1か月に差し迫り、論文執筆に四苦八苦していた頃でした。

 その後、卒論を無事に提出し、翌年3月に大学卒業し、晴れて社会人となったわけです。社会人になってから、この35年の間で畑野町を訪れたこと(通りすがりも含めて)は何度もありましたが、亥の子行事を見学することはありませんでした(一度行ってみよう、と思ったことは何度もあったのですが「11月に亥の日が2回あるときは最初の亥の日、3回あるときは中の亥の日」という年に一度の決められた日を確かめて行く、という作業とが出来なかったのです)。

 そして意を決して、昨年の11月亥の日、仕事は定時に終え速攻で帰宅の途につき、駅前の駐車場から直接、畑野町に向かったのです。時間は午後8時ごろでした。車から降りて、耳をすましてみても、亥の子の唄や土を打つ音は聞こえてきません。日を間違えたのか、それとも終わってしまったのか、と思案に暮れていたその時、数名の藁の棒を持った子供たちに出会いました。聞いてみると、亥の子は終わった、ということでした。やはり、本気で見学しようと思ったら、仕事は半日休暇でも取って行かないとなぁ、と思いました。

 その1年後の先日です。今年の11月亥の日は、3回あることが分かり、中の亥の日(11/17)であることを確認しました。そして都合の良いことに、日曜日でした。また前日に、畑野町在住の同級生にも確認を取り、何時ごろから、どこから出発するのか、ということも聞きました。その日は、昼過ぎから小雨が降り、こんな時はやるのかどうなのか少し不安になりつつも、開始時間の2時間前くらいから現地に入り、車の中でラジオを聞きながら、亥の子が始まるのを待っていました。

 この行事、今まで続いてきたとはいうものの、児童数の減少で、当日参加していたのは、わずか3名でした。そして夜道を歩くので交通安全と防犯の点から地元の区長さんら2名の大人も、3人に交じって亥の子突きをされていました。また事前に町内全戸に、この日「亥の子」で各戸を回る旨が連絡されていて、年寄だけの家や平時は他所で暮らしているような家からは、前もって子供たちに渡すお金を区長に預けている、というところもありました。かつては子供だけで、行事を管理していたものが、大人(自治会関係者)も加わって、村全体で守っていこう、という形に変化していったといえます。

 そして、私が卒論を書いた時には、畑野町の中の3集落で行なっていたのが、現在では1ヶ所(集落)だけになっていました。都市からの人口流入、流出などの激しい変動のあった、比較的、大阪に近いとされる広野、千ヶ畑の地区は、何年か前に行事が途絶え、町内でも、やや奥まった位置にあった土ヶ畑の地区だけが、今なお続けているのです。たまたま同級生は土ヶ畑在住だったので、実施の詳細が分かったのですが、他の地区であれば、そんな行事は無くなった、と言われるところでした。

 土を打ちながら唄う言葉は、基本フレーズは同じでしたが、その後に付け加えて唄う部分は、やや変化していたのは、時間の経過を感じるところでした。

 このように、35年を経て変わったところもありましたが、人々の伝統を守ろうという心は、当該の子供たちが意識しているかどうかは分かりませんが、変わっていないことを確信し、何か清々しい気分になりました。

 小雨の心配された夕刻でしたが、行事が終了した7時30分ごろには、すっかり止み、空には満月が出ていました。

 

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    あき (火曜日, 09 5月 2017 12:12)

    いのこの、行事は、広野と千ヶ畑では、無くなってしまってるのですね……残念です
    おおた様は、もしかして、以前HPにて、当時の4.5年生の方達が古老の方々から、地元の昔話をまとめた、畑野むかしばなし を掲載されておられたお方でしょうか?

  • #2

    太田貴久男 (火曜日, 09 5月 2017 12:26)

    コメントありがとうございます。
    3年以上前のブログ記事をみつけていただき恐縮です。インターネットの世界では検索を使えば、あっという間にアクセスしますね。
    「畑野のけかしばなし」は、私が大学生の頃、中学生からプレゼントしてもらい、とても貴重な内容だと思い、このブログ(HP)の別ページに掲載しております。
    https://ohtakey.jimdo.com/%E6%B0%91-%E4%BF%97-%E5%AD%A6/%E4%BA%A5%E3%81%AE%E5%AD%90%E8%A1%8C%E4%BA%8B/%E7%95%91%E9%87%8E%E3%82%80%E3%81%8B%E3%81%97%E3%81%B0%E3%81%AA%E3%81%97/

YouTube
「汽笛は泣いて」

矢野絢子

Starting of travel

▼駅のページ 旅の始まり

JR嵯峨野線の駅 他
JR嵯峨野線の駅 他
亀岡駅
亀岡駅
京都駅
京都駅

京都駅

Kyoto
Station

東京駅
東京駅

太田へのメッセージ

<PR・私の友人の店

American Retro Plate

ホーム へ戻る