古田光郷君

人の世のはかなさを「人生50年」と喩えたのは織田信長ということです。有名な本能寺の変で、その生涯を閉じたのは49歳の年であったといいます。今では日本人の平均寿命は男女ともに80歳を超える勢いです。

 

還暦を前にして、私を含め、同世代の友人たちにも、それなりに生きてきた証(あかし)みたいなもの(経験とか知識とか技術とか)がある、そんな年齢になってきたのかと思います。学校を出て、仕事に就き、サラリーをもらう、毎日毎日、毎年、その繰り返しを続けてきました。仕事に不満があるわけではありませんが、若い頃の自分には、こんな事をやってみたいとか、あんな仕事をしてみたいとか、考えていたことを思い出します(なんとなくノスタルジックになるもんです)。

 

 

さて、私の友人(高校の後輩)である古田光郷君は、学校を出て、社会人となってからも、音楽を続け、そしてプロになり、アルバムを出し、華々しいステージの主役となり、東京に20年以上も居て、その活動をしてきました。昨年の春に地元京都に拠点を移して、新たな活動をしています。私の2年後輩ですので、彼も、もう少しで還暦を迎えます。音楽家の道を目指した時から、今に至るまで、それはきっと楽しいことばかりではなかったと思います。けど、その道を曲げることなく、ここまで来ました。

 

私は素直に彼の人生(まだ終わったわけではありませんが)に拍手を送りたいと思います。そんな年齢になった自分だから、余計に、そう思うのかもしれません。この写真は、5月31日、京都市内でのライブの様子です。

 

 

YouTube
「汽笛は泣いて」

矢野絢子

Starting of travel

▼駅のページ 旅の始まり

JR嵯峨野線の駅 他
JR嵯峨野線の駅 他
亀岡駅
亀岡駅
京都駅
京都駅

京都駅

Kyoto
Station

東京駅
東京駅

太田へのメッセージ

<PR・私の友人の店

American Retro Plate

ホーム へ戻る