ボブ・ディランのアルバム

先日、衛星放送でボブ・ディランのデビュー以降のアルバムを紹介しつつ、それが音楽界に与えた影響や価値などを解説する番組がありした。その録画を見て、これチェックしないと、と思い立ち、アマゾンで最も安価な輸入盤をピックアップし、いっきに4枚をゲットいたしました。

1970年前後に出したこれらのアルバムは、それまでのフォークシンガーというイメージを打ち破る画期的なアルバムだったといいます。ディランはエレクトリックギターを手にし、聴衆のブーイングをものともせず、次々と新しい境地を生み出していくのです。

『追憶のハイウェイ61』

『ブロンド・オン・ブロンド』

『プラネット・ウェイヴス』

『血の轍』

ここには、ザ・バンドのメンバーが参加しており、音楽史的にも貴重な作品となっているようです。半世紀も前のサウンドとは思えない素晴らしい内容です。

 

 

YouTube
「汽笛は泣いて」

矢野絢子

Starting of travel

▼駅のページ 旅の始まり

JR嵯峨野線の駅 他
JR嵯峨野線の駅 他
亀岡駅
亀岡駅
京都駅
京都駅

京都駅

Kyoto
Station

東京駅
東京駅

太田へのメッセージ

<PR・私の友人の店

American Retro Plate

ホーム へ戻る