一歩先のあなたへ

京都新聞の夕刊に「一歩先のあなたへ」というエッセイ(コラム)が、毎週水曜日に連載されていました。ご存じの方はありますでしょうか。書かれていたのは、京都産業大学教授(細胞生物学)で歌人の永田和宏先生です。私は、このコラムの存在に、この夏ごろに気づき、毎週水曜日を楽しみにして読んでいたのです。テーマは、いろいろです。流行の話題から、今、大学キャンパスで起こる事まで、特に今の若い人、大学生に向けた物事の捉え方、真理のようなところを説いてくださるものでした。しかも、若い人に向けてのメッセージの体をとりつつ、このタイトルの「あなた」というのは、60歳を前にした私自身にも、問いかけられているような気がして、毎回楽しみにしていたのです。ところが今月に入って、水曜日の夕刊から、そのコラムが無くなってしまったのです。9月末くらいで最終回だったのでしょう、とても残念なことでした。

 

永田和宏先生は大学教授であり、歌人でもあります。よく二足の草鞋と言いますが、先生にとっては、どちらも本業だと言っておられます(エッセイの中で)。そして歌人で、数年前に亡くなられた河野裕子さんは、永田先生の奥様であったことも、その後、分かりました(河野裕子さんの名前は、なんとなく知っていました、ご主人の名前は知りませんでしたが)。

実は、この夕刊のエッセイを読むようになったのが、2か月ほど前からで、それ以前の記事は未だ読んでいませんでした。それで、出来れば、まだ読んでいないものも読んでみたいと思い、ネットで探していたのです(近頃は便利ですね、ネットがあるから・・・、永田先生は、そういうことについても書いておられました・・・・)。先生の奥様が河野裕子さんであること、そして息子さん(永田淳)、娘さん(永田紅)も歌人であることなども、その時に知りました。そして、検索を続けていると「一歩先のあなたへ(2014年9月24日掲載分)をアップロードいたしました。」という文言が、どなたかのツイッターの記事からヒットしました。そこからたどっていくと、京都産業大学の永田研究室のページがあることが分かったのです。また嬉しいことに、過去の記事すべて、PDFとしてアップされているではありませんか。じっくり読みたいと思います。

 

せっかくなので、このページを紹介しておきます。

 

Messages from Prof. Nagata

 

 

 

 

YouTube
「汽笛は泣いて」

矢野絢子

Starting of travel

▼駅のページ 旅の始まり

JR嵯峨野線の駅 他
JR嵯峨野線の駅 他
亀岡駅
亀岡駅
京都駅
京都駅

京都駅

Kyoto
Station

東京駅
東京駅

太田へのメッセージ

<PR・私の友人の店

American Retro Plate

ホーム へ戻る