60にして耳したがう

いよいよ明日で、正真正銘、還暦となります。マクドナルドのキャンペーンで、昔のグラスが100円出したらもらえるというのがあって、本日、篠山にふらりと行って、ランチはマクドにしました。そして、1955年のグラスをゲットしたというわけです。60年前の明日のことになりますが、私は、この亀岡(旭町美濃田)にて生まれた、というわけです。満60歳になったからといって、何が変わる、というものではありません。『論語』の一節に「60にして耳したがう」というのがありますが、はたして、人のことばに素直に耳をかたむけられる、ようになれたでしょうか?

 

まぁ、私は若いころから、あまり人には逆らわないで生きてきましたので、(性格的には)ほぼ孔子の域に達しているかと思います。が、残念なことに、人に逆らうことが苦手なところは、きっと損してきたこともあったかもしれません。

 

 

 

YouTube
「汽笛は泣いて」

矢野絢子

Starting of travel

▼駅のページ 旅の始まり

JR嵯峨野線の駅 他
JR嵯峨野線の駅 他
亀岡駅
亀岡駅
京都駅
京都駅

京都駅

Kyoto
Station

東京駅
東京駅

太田へのメッセージ

<PR・私の友人の店

American Retro Plate

ホーム へ戻る