小春日和の中の・・・・

  今年の10月30日から11月1日にかけて、佛教大学で、第49回「鷹陵祭(おうりょうさい):学園祭」が開催されました。テーマは「ぎゅっと、佛大」で、そのテーマの意味は「人が多く集まる鷹陵祭で、団体の模擬店や様々な企画等に参加することによって、普段接することの少ない人との距離が「ぎゅっと」近づくきっかけにします!!」と実行委員会のHPに書かれています。学生同士の触れ合いや、仲間意識を高める、といった意図があるのでしょう、今の大学生らしいテーマかと思います。

 さて、この写真は、三十数年前の佛教大学の北グランド(現在の5号館・6号館・鹿渓館が建っている場所は昔グランドでした:北グランドと呼んでいました)の中央に設置された野外ステージ、そこで演奏している学生の音楽団体の様子です(当時、私のよくよく知っている学生達でしたので、私がカメラで撮影したのです)。

 バックステージの図柄は、明治時代に活躍した印象派の画家、青木繁の「海の幸」をモチーフにしたものだと思われます。そして「16th 嵐の中での自己変革」というテーマが描かれています(写真では「嵐」の文字は隠れていますが当時在職していた私の記憶に、はっきりと残っています)。今年のテーマのように「友達とぎゅっと」というちょっと軽いけど温かいテーマと違い「自己変革」ですから、個々の学生に向かって厳しく主張しているのでしょう、しかも「嵐の中」ですよ。青木繁のどろどろとした作風のパネル画の上で「君たち、こんな大変な世の中でこそ、自己変革しなければいけないぞ!」とでも言っているようです。

 第16回の鷹陵祭ですから、1982年(昭和57年)のことになります(49回から遡って計算してみました)。この年のヒット曲ベスト5(と売上枚数)は、以下のようなものでした。

1位「待つわ」あみん・101.8万枚

2位「セーラー服と機関銃」薬師丸ひろ子・83.5万枚

3位「聖母たちのララバイ」岩崎宏美・78.5万枚

4位「心の色」中村雅俊・69.7万枚

5位「北酒場」細川たかし・64.8万枚

(ダウンロード回数をヒット曲の指標としている現在と、えらい違いです、まだアナログレコードだったと思います)

 またその年の世相として、東北新幹線・上越新幹線開業、500円硬貨発行、ソニーが世界初のCDプレーヤー発売、テレホンカード使用開始、「森田一義アワー 笑っていいとも!」が放送開始・・・といった明るい話題もありましたが、社会情勢では、日航機、羽田沖墜落、ホテル・ニュージャパン火災、三越事件で前社長ら逮捕、ロッキード事件全日空ルートで同社幹部に執行猶予つき有罪判決・・・・と、暗い話題もありました(これらはインターネットで「1982年」を検索すれば、たくさんの記事がヒットして、簡単にその年の世相や事件等々の情報を得ることが出来ます、こんなことも三十数年前には考えられませんでした)。


 そして、このテーマを設定した当時の学園祭実行委員会の学生からすれば、この混沌とした社会情勢や世相を「嵐」と呼ばずしてどうするか、あみんの「待つわ」に浮かれている世の中も、見方によっては「嵐」だと言える、そんな中で、自らを「変革」してこそ、未来が開けるのだ、という気概のようなものが表れています。

 そんな意気揚々とした実行委員会の取り組みのさ中、教育学科の清水毅四郎先生(滋賀大学名誉教授で、現在、びわこ成蹊スポーツ大学特別招聘教授をされています)が、講義の中で、この学園祭を皮肉って、このテーマ、本当は「小春日和の中での自己満足」とするべきだな、と言われた、という話を私は聞いたのです(伝聞情報なので若干ニュアンスが違うかもしれません)。

 このコメント、なんと言い得て妙な言い換え(シャレ、ユーモア)だったでしょう。そして、この話が、後日、実行委員会のメンバーにも伝わり、一同、苦笑いだった、ということもあって、私は強烈に、この「小春日和の中の~」の「裏テーマ」が印象に残っているのです。今年の「ぎゅっと」も、30年前の「自己変革」も、学生の心根は、そんなに大きく変わる(変わった)ものでもないのでは、と、ふっと思った次第です。


 ちなみに「小春日和」というのは、11月初旬、ぼちぼち肌寒い季節を迎えようとしている中、時折、春のような温かい気候の日が出現する時のことを言うようで、冬の季語となっています。

(2015.11.18.FB投稿記事より転載)

 

 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    おしおざき (火曜日, 01 12月 2015 20:23)

    貴重品です。よーこんな昔の写真のこってましたな!

YouTube
「汽笛は泣いて」

矢野絢子

Starting of travel

▼駅のページ 旅の始まり

JR嵯峨野線の駅 他
JR嵯峨野線の駅 他
亀岡駅
亀岡駅
京都駅
京都駅

京都駅

Kyoto
Station

東京駅
東京駅

太田へのメッセージ

<PR・私の友人の店

American Retro Plate

ホーム へ戻る