日吉ダムと離村

日吉ダムをご存じでしょうか。南丹市日吉町にある桂川・保津川の上流にある大きなダムです。ダムに隣接した施設としてスプリングひよしは、日帰り温泉として人気があります。

今から約30年前、このダムの場所に2つの集落があり、154世帯、約500人の人々が生活していました。ダムの建設により、村落は湖底に沈み、人々は隣村へと移住していきました。離村の際、大半の家屋は解体され、貯水に影響のないようにされたようですが、道路や自然の地形などはそのままに、今でも水の中に景観をとどめているようです。

ダム建設が決まって離村するまでの8年間、一人の写真家が、この2村の風景、人々の暮らしぶり、老若男女の表情を撮りつづけたのです。新保隆久という写真家です。

今、日吉ダムに近い南丹市日吉町郷土資料館(府民の森内)で、新保隆久氏の写真展を開催しています(本日行ってきました)。彼は、入村時、とても偏屈な人だったそうですが、やはり8年という歳月により、人々との関係は自然と打ち解け、濃密になっていったのでしょう。写真に写る人々のカメラに向けたまなさしから、その信頼関係が伝わってきます。とても心温まる展示でした。今月26日まで開催しておりますので、お近くの方はぜひ足を運んでみてください。入館料は大人200円です。

 

 

YouTube
「汽笛は泣いて」

矢野絢子

Starting of travel

▼駅のページ 旅の始まり

JR嵯峨野線の駅 他
JR嵯峨野線の駅 他
亀岡駅
亀岡駅
京都駅
京都駅

京都駅

Kyoto
Station

太田へのメッセージ

<PR・私の友人の店

 

American Retro Plate

ホーム へ戻る