大塚国際美術館

一度行ってみたいと思っていた美術館です。行くまでのイメージとしては、有名な絵画が複製されて展示されている、つまりすべて「ニセモノ」が寄せ集められた美術館、そんな期待するほどのものでもないが、複製物を写真に撮ってもよいのが気にかかる、ただ入館料はやけに高い、というものでした。

 

行ってみると、そのイメージを裏切り、とても素晴らしい美術館だと感じました。展示されている作品が、陶板製の複製物、ということを知らなければ、フランスのルーブル美術館やオルセー美術館に引けを取らない、いやいや、それ以上の環境の美術館(つまり建物や空間の活用、収集されている著名な絵画の多さから)ではないかと思いました。特に、額には力を入れているそうで、数千万円の額もあるとかで、複製物の価値が上がるはずです。

 

いろいろ有名なものはありますが、やはり、モナリザの微笑、これは外せません。

 

大塚国際美術館

 

YouTube
「汽笛は泣いて」

矢野絢子

Starting of travel

▼駅のページ 旅の始まり

JR嵯峨野線の駅 他
JR嵯峨野線の駅 他
亀岡駅
亀岡駅
京都駅
京都駅

京都駅

Kyoto
Station

東京駅
東京駅

太田へのメッセージ

<PR・私の友人の店

American Retro Plate

ホーム へ戻る