伊勢太神楽

本日、伊勢太神楽の一向がお見えになりました。毎年、ほぼ同じ時期です。私は子供の頃、あの獅子の形相に恐怖を覚えて、隠れて見ていた思い出があります。今では、貴重な民俗芸能としての視点で出迎えます(が、やっぱり顔は怖いです)。
今回の一向の中に、高校生くらいの若い方が2名いらして、後継者として巡回されているのかと少し微笑ましく思いました。

ご一向が何時頃から旅立たれ、ここに来る前には何処にいて、次は何処へ行かれるものか、よく知らないのですが、何十年と来られているせいなのか、村の人々のことや、家の様子など、すっかり覚えておられることに驚きます。

 

 

 

YouTube
「汽笛は泣いて」

矢野絢子

Starting of travel

▼駅のページ 旅の始まり

JR嵯峨野線の駅 他
JR嵯峨野線の駅 他
亀岡駅
亀岡駅
京都駅
京都駅

京都駅

Kyoto
Station

東京駅
東京駅

太田へのメッセージ

<PR・私の友人の店

American Retro Plate

ホーム へ戻る